見ないと損9割は100万損する 節約出来るかは内覧時に決まる

ゼロ家なら池田市の新築一戸建てを仲介手数料無料で購入のPC画像 ゼロ家なら池田市の新築一戸建てを仲介手数料無料で購入のスマホ用画像

同じ物件でも不動産会社によって
購入総額全く違う!

節約出来るかは不動産会社と担当者で決まる

不動産会社・・・仲介手数料は各不動産会社によって決まってます。大手も含め殆どは物件価格の3%+6万円に設定しています(物件価格400万超の場合)。値引きはしません。仲介手数料を買主によって料率を変えることは会社にとってよくないからです。何より売上も下がる為、喜ぶ担当営業もいません。最初から節約できる不動産会社を選ぶことが重要です。また、住宅ローン事務代行費・書類作成費・コンサル費・火災保険なども必要な不動産会社もございます。節約できるかどうかは不動産会社選びで決まります。殆どの方は、物件をネットやチラシで探した後、何も考えず内覧予約をします。この段階で既に節約できるか決まっているのです。

担当・・担当のスキルと経験値で購入総額は大きく変わってきます。物件価格交渉は営業マンの腕の見せ所でしょう。その他、様々な交渉ごとは担当の腕にかかっています。一生に一度のマイホーム購入。価格面だけでなく、サービスや接客面でも安心できる取引ができるかは担当営業次第です。出来る営業に巡り合いたいですね。

ちょっと待った!その内覧
手遅れになる前に見て下さい!
やっぱり安く買いたい!

節約できるかは内覧時に決まる 最初の問い合わせが大事

このタイトルに驚いた方もいるかもしれません。殆どの方はチラシやネットで気になる物件が出てきたら広告掲載会社に何も考えずに問い合わせし内覧します。既にこの時点で、節約できるかがほぼ決まると言っても過言ではありません。マイホーム購入は初めての方が多いので無理ありません。購入明細を見てびっくり!仲介手数料ってこんなに高いの?ローン事務代行費って?等、不動産仲介会社に支払う諸費用が高額なことに気づきます。気づけば良いのですが、気づかず何も考えずに売買契約のセレモニーを迎える方が殆ど。全体の9割はそんな感じです。同じ物件でも不動産仲介会社に支払う諸費用が異なり購入総額が大きく変わることを知っていれば最初からそこに内覧依頼します。

他で購入申し込みをした場合✖️

他社様で購入申し込みし購入明細を見て驚き、当社に相談される方が後を絶ちません。既に手遅れになります。お客様の個人情報は既に売主様が把握しており、二重で当社から申し込みを入れることで逆にお客様のモラルが疑われ、売主様に心象悪くしてしまいます。当社もモラル的にも横取りみたいなことはしません。仲介手数料最大無料の当社では、通常の仲介会社からは良いイメージはないでしょう。仲介会社のメイン売上の仲介手数料をディスカウントしているのですから。不動産業界では他業種に比べお客さまを取った取られたで問題になることが多く、当社では特にモラルを重んじ営業させていただいております。他で申し込みしてしまった場合は、その不動産仲介会社様で取引して下さい。

他で内覧してしまった場合▲

例えば、ブランド店に行き商品を見て説明を受け買わずに安い大型量販店でで購入する方も多いでしょう。又店員さんの接客が良くなくて買わない時もありますよね。内覧しただけでしたら当社で再度、お客様を現地物件内覧をさせて頂きます。再度、当社でお客様を内覧させて頂くのは、業務に手を抜きたくないからです。ただ他で内覧してしまった場合、その商談内容によりますが仲介手数料の値引きができなくなるケースが稀にございますのでご了承下さい。ご不安な方は、お気軽に相談ください。秘密厳守いたします。

最初から節約できる不動産貸会社に依頼するのがBEST

他で内覧してしまった場合でも当社で手続きさせて頂く事も多いのですが、どこの担当者も売上(仲介手数料)で生計を立てており仲介手数料が実績・給与に反映する仕組みになってます。会社や担当者によっては鬼電などしつこい営業もあるかもしれません。あやふやにせずにしっかりお断り下さい。又その担当者様に仲介手数料の値引きを交渉するのは殆ど不可能です。これは大手になればなるほど難しくなります。仲介手数料の料率は会社単位で決めているからです。また、仲介手数料の値引きを嬉しく思う営業はいません。会社で決めた仲介手数料料率をお客様によってコロコロ変えるのも会社にとって良くない事です。このようなトラブルを回避する為にも、最初の内覧からご相談ください。

気になる物件が出てきたら

ネット・チラシ・オープンハウスなど、気になる物件が出てきたらラインでお知らせください。当社で取り扱いできるか?仲介手数料無料にできるか?を物件毎に調査いたします。当社で取り扱いできない物件や仲介手数料無料にできない物件もございます。又内覧ご希望の場合は、ラインのメニューからご予約ください。

関西地区以外の物件について

当社のメイン営業エリアは関西地区になります。ただ、私のTIKTOK(14Kフォロワー)などSNSから全国の物件のお問い合わせを頂いております。遠方に関しましては地元の業務提携会社を紹介させて頂きます。エリアによってはご対応できないこともございます。まずは、気になる物件がありましたら仲介手数料無料になるか?気軽にラインでお問い合わせ下さい。

選ぶ不動産仲介会社で 同じ物件でも ココまで違う購入金額

いったい、いくら損するのか?

※新築一戸建て3,680万円(税込み・消費税80万円)購入時の諸費用です。売主・銀行・司法書士・火災保険など全て同じ内容で仲介会社だけが異なります。全て税別表示です。

¥1,440,000 損します

諸費用の比較
 当社   他社 
合計金額 ¥1,000,200 ¥2,440,200
諸費用の詳細
不動産会社へ支払
項目  当社   他社 
仲介手数料 ¥1,140,000
不要
¥1,140,000
ローン代行費用(住宅ローン手続きをサポートする費用) ¥100,000
不要
¥100,000
書類作成費 ¥100,000
不要
¥100,000
物件調査費 ¥100,000
不要
¥100,000
税金関係
項目  当社   他社 
契約書印紙代 ¥10,000 ¥10,000
ローン印紙代 ¥20,200 ¥20,200
司法書士へ
項目  当社   他社 
登記費用 ¥400,000 ¥400,000
売主へ支払
項目  当社   他社 
表示登記 ¥100,000 ¥100,000
固都税精算金 ¥120,000 ¥120,000
保険会社へ
項目  当社   他社 
火災保険料 ¥300,000 ¥300,000
銀行へ支払
項目  当社   他社 
ローン事務手数料 ¥50,000 ¥50,000
保証料 ¥0 ¥0

諸費用の差は不動産会社に支払う費用の差になります。仲介手数料は通常(物件価格の3%+6万) で計算されます。ローン事務代行手数料・書類作成費用・物件調査費・その他コンサルタント費用 は不動産会社によって様々で必要としない所もあります。銀行の保証料は内枠方式で計算しています。